更年期障害の症状を抑えるには?|ホルモンバランス・自律神経を整える方法に注目!

更年期障害の症状とホルモンバランスの関係

更年期障害の症状・・・その原因は?

更年期障害の原因は閉経前後のホルモンバランスの乱れといわれています。閉経が近づくと、規則的に分泌されていた女性ホルモンが減少するので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。脳がホルモン分泌の指令を出しても、卵巣が女性ホルモン(エストロゲン)を上手く分泌できないため、自律神経のバランスを保てなくなるわけです。この自律神経の乱れが、頭痛・ほてり・肩こり・のぼせ・憂うつなど更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです!

40~50代に始まる更年期障害は脳と卵巣の連携がうまくいかないことによって起るんですね。

なので、減少したホルモンの量に合わせて、脳がホルモン分泌の指令を出すように、バランスをとることが必要になってきます。

脳と卵巣の連携がうまくいくことで、自律神経のバランスが整えば、更年期障害の症状を抑えることができるというわけです!

更年期障害の症状を抑えるにはホルモンバランス・自律神経を整える酵素がおすすめ

更年期障害の原因となっているホルモンバランスの乱れを整えてくれるものとして注目されているのが、酵素です。酵素は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促して、脳と卵巣の連携をしっかりと行ってくれます。
これによって、ホルモンバランスが整い、自律神経も良好になるというわけです。更年期をむかえた女性にとって、酵素はなくてはならないものなんですね!

【更年期障害】40代からの悩みチェックリスト

疲労感 頭痛  めまい イライラ  のぼせ 不眠
ほてり 動悸(どうき)  肩こり 息切れ  憂うつ 冷え


上記のチェックリストで、3つ以上の項目で当てはまるものがある方は、酵素が不足している可能性があります。酵素は熱に弱く通常の食事では摂取しにくいので、ドリンクやサプリメントなどで効率良く摂取するのがおすすめです!

更年期障害の症状におすすめの酵素はこれ!

酵素ドリンクと酵素サプリを徹底比較!

食生活の中で取り入れることが難しい酵素。そこでおすすめしたいのが、植物を発酵・熟成させたエキスをから作られた酵素ドリンクまたは酵素サプリメント。植物の栄養素を凝縮しているので、少量でしっかりと酵素を摂取することができます。では、ドリンクとサプリメントのどちらが良いの?という方のために両者の人気商品を比較してみました!メリット・デメリットを把握した上で、自分に合うものを選んでみてください。

酵素ドリンク「酵素八十八選」
  • 植物の種類

    88種類:60種類の野草と28種類の野菜・果実・海草・きのこ類

  • 菌の種類

    31種類の乳酸菌・麹菌・酵母菌

  • 価格

    15,750円(送料無料・代引手数料無料)

  • メリット

    ・野草が中心なので栄養素が高い
    ・1度に摂取できる酵素の量が多い
    ・乳酸菌、麹菌、酵母菌を配合している

  • デメリット

    ・価格が高め
    ・カップに入れて飲むのでやや手間
    ・トライアルセットがない

酵素サプリ「OM-X」
  • 植物の種類

    65種類:野菜・果物・きのこ類・海藻

  • 菌の種類

    12種類の乳酸菌

  • 価格

    8,900円(送料・手数料無料)

  • メリット

    ・価格が低め
    ・カプセルなので飲みやすい
    ・トライアルセットがある(1,800円)

  • デメリット

    ・栽培された植物が中心
    ・1度に摂取できる酵素の量は少ない
    ・乳酸菌だけしか配合していない

あなたならどっち?

 酵素サプリメントがおすすめの方は?
・更年期障害の症状が比較的軽めな方
・あまりお金をかけたくない方
・ドリンクが苦手な方(発酵食品が苦手な方)

サプリを選ぶならおすすめは「生酵素 OM-X」


 酵素ドリンクがおすすめの方は?
・更年期障害の症状が重い方
・価格高くても早く効果を実感したい方
・しっかりと味わって飲みたい方

ドリンクを選ぶならおすすめは「酵素八十八選」